マジャークラフトのウールコームがやって来た!

注文していたマジャークラフト製のウールコームが届きました。
ウーステッドに紡ぐ時、原毛の繊維を一定方向に整える道具です。

コリデールのステイプルの方向を揃えて洗い、乾燥させたものです。脂分をできるだけ残し、防寒と防水力を高めると共に、市販の毛糸にはない手紡ぎならではの「ぬめり」を残した糸にしたいと思います。

ステイプルの根元の方を固定したウールーコームに差込み、固定していないコームで繊維を梳き取ります。
長い繊維の間に短い繊維が絡んでいるので、短い方の繊維を梳き取って、二種に分離させます。

短い繊維を除き、長い繊維だけを、Dizを使ってトップにします。
限りなく繊維の方向を一定方向に整えることで、艶やかで光沢があり上質な糸を紡ぐことができます。

これで、ウーステッドに紡ぐ前の準備完了です。

これでやっと紡ぎ開始です。

せっかく繊維の整った美しいステイプル(原毛の房)があるのだから、その原毛の良さを最大限に生かせる糸にしてみたいと思ったのです。
脂分をできる限り残して、ぬめりのある手紡ぎ糸で個性的なセーターを作ってみたくなり、思い切ってウールコームを購入。
フリースのまま長時間保存していたため、表面のラノリンが固まっている部分があり、洗うのに一苦労。
ぬるま湯に洗剤を入れ、その中に一晩浸して置いたのですが、一度では汚れが落ちず、二度洗い。
コームをして気づいたことは、余分な脂分はできるだけ落としたほうがコームし易いということでした。
脂分をできるだけ残したい時はウールコームを使わず、フリックカーダーでひと房づつコームした方が作業がし易いかもしれません。

紡ぎ屋 遊楽(ゆら)展示会のお知らせ

来る10月7日から10日までの4日間、東京都世田谷区梅が丘のHoppedakkoにて、
初めて「紡ぎ」の展示会をいたします。
Hoppendakkoは、オーナー手作りの革製品を扱う素敵なお店です。
偶然の出会いから、お誘いいただき、この度の展示会をさせていただく運びとなりました。
感謝です。
原毛を紡ぎ、染め、織り、編み、フェルトワークなどでベスト、帽子、ネックウォーマー、リストウォーマーなどにしてみました。

織り、染めと違い、認知度の低い「紡ぎ」ですが、少しでも多くの方にその楽しさをお伝えしたく、原毛に触れていただける展示にしたいと考えております。
お会いできるのを楽しみにしております。


紡いだ糸で布地を織り、ベストに。
糸を使わず、フェルトワークで仕立てています。

展示会場はハンドメイドレザーのお店Hoppendakkoで行います。

 

2011年8月26日、工房にて「紡ぎ」のワークショップ開催

工房にて「紡ぎ」のワークショップ準備
工房にて「紡ぎ」のワークショップ準備

千葉県南総文化ホールの企画、「工房めぐり」の第一弾として、26日に「紡ぎ」のワークショップを開催いたしました。募集6名のところ、満席となり嬉しく思います。
最年少は、小学6年生。母娘で興味をお持ちいただけて、感激です。
房日新聞に、ワークショップの記事と写真を掲載していただきました。
認知度の低い「紡ぎ」ですが、これを機に、少しづつその楽しさをお伝えできたらと思っています。
参加してくださった皆様、本当に有難うございました。

原毛をMIXしてオリジナルカラーに
原毛をMIXしてオリジナルカラーに

赤・青・黄の3原色と、ナチュラルカラーの淡茶・濃茶・白の合計6色を使用。原毛の準備の仕方で紡ぎだす糸が変わってきます。ここから、それぞれの個性が主張され、どんな糸になるのか、楽しみです。

個性豊かな手紡ぎ糸たちです
個性豊かな手紡ぎ糸たちです

ブルー系の糸、太目の糸、赤をアクセントにした糸などなど。さあ、この糸で何を作りましょうか?
この長さ、太さならアクセサリーが良いのでは?との意見多し。できあがったらみせていただきたいなぁ・・・。

8月26日に「紡ぎ」のワークショップをします

8月12日の房日新聞に掲載されました

県南総文化ホールの、「工房めぐり」の企画の第一弾として「紡ぎ屋 遊楽」にて「スピンドルで原毛を紡ぐ」というワークショップをすることとなりました。光栄です。
「紡ぎ」とは何ぞやと、興味をお持ち頂けたようで、とっても嬉しく思います。
今回は、6名様で募集。
講習料3,000円は南総文化ホールが負担。参加者の方には、紡ぎ道具のスピンドル代1,300円のみをお支払いいただくという特別企画です。
午後1時から4時までの3時間。
興味のある方は、直接、千葉県南総文化ホールにお問い合わせ、お申し込み願います。
電話番号は、0470-22-1811 です。
足も道具として使いますので、参加者の方々は、スラックスでお越しくださいませ。
遊び心で楽しく紡ぎましょう!お待ちしております。

自家製赤紫蘇ジュース

我が家の夏の定番です

我が家の夏の定番、赤紫蘇ジュースです。
梅酢、クエン酸、レモン汁などたっぷり!夏ばて防止にかかせません。
これを飲むと、体がしゃきっとします。
材料:赤紫蘇、梅酢、レモン汁、クエン酸、砂糖

赤紫蘇が青紫蘇に変身!

沸騰したお湯の中に、赤紫蘇を入れると、その色素が出て青紫蘇に変身!3分で火を止め、ざるで濾してエキスを別の鍋に移します。3分以上煮ると、風味が損なわれたり、葉が解けたりして液が汚れるので注意が必要です。

綺麗なワインレッドにまたまた変身!

別な鍋に移したら砂糖を入れ、煮溶かします。溶けたら、梅酢、クエン酸、レモン汁を入れます。
入れた途端に、くすんだエンジ色の液が、透明で綺麗なワインレッドに大変身で~す!
長期保存したいので、砂糖も多め、その他の材料も多めにしています。
これで今年の猛暑も乗り切ろう!!!