手紡ぎ糸で手織りのマフラーを作る

久しぶりの機仕事です
久しぶりの機仕事です

東京手織りの8枚綜こう・天秤式の織り機(65cm幅)です。
手紡ぎ糸で手織りの大きめサイズのマフラーをリクエスト頂き、久々の機仕事となりました。
織りは、織り付け部分の糸の分量を多く必要とし、その部分を、機下ろしの時にはさみで切るのが忍びなくて、しばらくはひたすら編みに徹していました。
軽く仕上げたいと思い、糸を細く紡ぎ、経糸、緯糸とも同じ糸を使うことに。
整経した糸を機にセットする作業は一番注意が必要な作業です。

経糸が何度も切れて・・・
経糸が何度も切れて・・・

経糸が何度も切れた。ショック。節がある糸が好きなので、ついそのように紡いでしまったことが大きな間違いと気づく。
細く紡ぎ過ぎた事、若干撚りが甘かったこと、ウーリンにしてしまったことが原因だと思う。やはりウーステッドに紡ぐべきでした。反省です。糸つなぎに時間がかかり、何度もギブアップしかかる。でも、糸つなぎの勉強と覚悟を決め、3日間格闘!何処のソウコウから抜けたのかもすばやく見つけられるようになりました。怪我の功名ということでしょうか?
使用筬:30目/10cm
筬密度:丸は通し
織りサイズ:204cm×29cm

機下ろしをして縮絨、仕上げたマフラーです
機下ろしをして縮絨、仕上げたマフラーです
好きな糸に紡げたのですが・・・
好きな糸に紡げたのですが・・・

紡ぎ道具:マジャークラフト リトルジェム
回転比:6:1
羊毛種:アルパカ・フォークランド・ゴットランド
紡ぎ:ウーリン・Z撚り
紡いだ量:1256m/223g

糸節がいい感じに出ました
糸節がいい感じに出ました
鏡に映しながら写真を撮ってみました
鏡に映しながら写真を撮ってみました

マフラーの大きさや雰囲気がわかるようにセルフサービスでパチリ!
軽くて暖か~いマフラーの完成です。
幅半分に折り、長さ半分に折って、できた輪に反対側の端を差し込んで使って頂くと使いやすいと思います。
気に入って頂けると良いのですが・・・。
仕上がりサイズ:26cm×206cm(房10cm×2含む)
リクエストサイズより、少し大きめにしてあります。
使用量:129g

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です