6月4日・綿の種の追い蒔きと藍の定植

5月15日に綿の種蒔きをしましたが、ほとんど発芽せず、6月4日に種の追い蒔きをしました。今度は、何とか発芽して欲しいものです。
雨の日が多く、気温も上がらなかったので、発芽せず、種が腐ってしまったのかと思いましたが、種は影も形もなくなっていました。
種蒔き当日、カラスが上空を旋回し、我々を偵察していたらしい・・・。
目撃者はいないのですが、たぶん、カラスが種を食べたのではないでしょうか?
賢いカラスのことだから、マルチをしてあれば、「ここにあるよ」と言われているようなものであったに違いないと私は思うのです・・・。
藍の苗も育ちが悪く、やっとこの日に定植することができました。
無事育って、なんとか収穫できますように・・・。
綿の種の追い蒔き
綿の種の追い蒔き:数人での作業でした
綿の種
綿の種綿の種は、種蒔きの前日のよる、一晩水につけて置き、藁灰をまぶすと、発芽率が高くなります。種にかける土には、もみがらを混ぜたものを使います。
発芽した綿
発芽した綿厳しい自然環境の中で、けなげに芽吹いた綿の双葉。とってもいとおしいです。
藍の定植
藍の定植
来月末には、生葉染めを予定している、それまで、元気に育って欲しい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です