ブルーフェイスとチェビオットの双糸でベストを編む

ブルーフエイスとチェビオットで双糸に紡ぐ
ブルーフエイスとチェビオットで双糸に紡ぐ

写真はパープルが強く写っていますが、実物の色は深みのあるエンジ色です。撮影技術が未熟で、残念。

紡ぎ道具:アッシュフォード トラディッショナル シングルドライブ
回転比:6.5:1
羊毛種:ブルーフェイス トップ/チェビオット スライバー
紡ぎ:双糸・S撚り(太糸・スラブ・Z撚り/細糸・セミウーステッド・S撚り)
紡いだ量:600m/296g(2.07番手)

シンプルベスト
シンプルベスト
バックスタイル
バックスタイル
アレンジ自由な襟元に
アレンジ自由な襟元に

少し細めに紡いだので、違う編み方にしてみました。
糸の時は、ふんわり柔らかでブルーフエイスの良さが感じられましたが、染色の段階で、一度で色が決まらず、染め重ねをしたせいか、その風合いが少し失われたように思います。
9号か10号棒針でも試し編みをしてみるべきだったかなと反省。そのほうがふんわりと編みあがりブルーフェイスの良さを生かせたのではないかと思われます。
次回、ブルーフェイスを紡ぐ時は、ブルーフェイスの光沢と肌触りの良さを最大限に生かせるように、光沢と張りのあるチェビオットをミックスしてみようと思います。

編み道具:8号棒針
編み方:長方形 38目作り目・6段ガーター+(4段表+4段裏)×34セット+4段表+6段ガーター
使用量:486m/240g

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です