春夏用・リネンとスーピマ綿の手紡ぎ糸の帽子

今まで、なかなか春夏用の素材にじっくり取り組む時間を作れずにおりましたが、やっと実現・・・。
既製の帽子に満足できず、いつも「もうちょっと、ここがこんな風だったら良いのになぁ・・・」と思い続けておりました。
つば広の帽子は風のない日は、日よけ効果を発揮してくれますが、少し風が強いとつばの部分がめくれ上がり、時には帽子が飛ばされることもあります。カチッとし過ぎていると折りたためず携帯に不都合。しかも、折跡が残ってしまう。日差しの具合や、その時のファッションにより、かぶり口を様々にアレンジできたら便利なのに・・・など。
そんな悩みを一気に解決できればと思い、素材のMIX比率や構造を模索。
コンセプトは、勿論「シンプル・イズ・ベスト。男女兼用」です。そして、上記の思いを全てクリアすること、として取り組んでみました。

まずは、糸の素材選びから。写真左はリネンの繊維、中央はスーピマ綿の繊維です。リネン繊維は中空孔のため、吸水性・速乾性に優れ、汗ばむ季節には、肌に纏わり付かず爽快感があり、春夏用の素材として魅力的。スーピマ綿は、綿の中でも高品質で、Superior Pima(高級ピマ)の略です。繊維の長さは35㎜以上の超長綿で、繊維が細くしっとりとした柔らかな肌触りで光沢もあり、カシミアにも匹敵すると、高い評価を得ています。綿繊維も、リネン繊維同様中空孔です。
余談ですが、その漢字を知らず、昔「蝶々綿」と勘違いしていた私は、「蝶々が沢山やってくるお花が咲く綿なのだ・・」と思っておりました。お恥ずかしい・・・。
その2種類の繊維の良さを生かし合えるMIX比率を、糸の試作に試行錯誤。繊維の長さが異なるため、敢えてその効果を狙い、スラブ双糸に紡ぎ、それぞれの繊維の表情が自由に現れる糸に紡いでみました。
リネンの清涼感を損なわず、携帯する時に折跡がつかぬようスーピマ綿の柔軟性の助けを借りることにしました。その比率がリネン:スーピマ綿=65%:35%です。帽子本体は、上記写真右の糸を使用。日よけとなるプリムの部分は、風でめくれあがらぬようなギリギリの幅にし、ヘナヘナしすぎないよう、リネンのみで細く双糸に紡ぎ、上記写真右の糸と引き合わせにして編み込みました。
それにより、プリムの部分で増やし目をしなくても自然な広がりが得られました。

プリムの部分がしっかりしたことで、プリムの後方を折り返したり、前方だけを折り返したり、プリム全体を折り返したりと、様々なアレンジが可能となりました。
プリムを折り返さず目深にかぶると、格子戸から外の様子が見えるように、編み目の隙間から気配がわかるところも気に入っています。
やや深めに仕上げている上、手紡ぎ糸を手編みすることで伸縮性も兼ね備え、タイトにかぶりたい時は、少し縦に引っ張り、ゆったり目にかぶりたい時は、帽子の内側に両手を入れ、少し外側に広げてとサイズ調整も自由自在。
スーピマ綿をMIXすることで、折りたたんでも跡が残らないよう工夫。
藍染めにした裂き布をアトランダムに編み込み、アクセントにしてみました。シンプルなデザインですが、とても機能的で使い勝手の良い帽子となりました。

編み針は、5号かぎ針を使用。紡いだ糸は2.2番手スラブ双糸。リネンのみの双糸は3.4番手。少し緩めに編んだ方が、編み進む時にかぎ針を目に挿入し易いです。編み方は筋編み。段を切り替えるより、ぐるぐると編み進めた方が仕上がりが綺麗です。途中までの増やし目は、その位置が分かり難いように分散して編み進めます。
筋編みにした理由は、重くならぬよう仕上げたかったことと、涼しさを感じられる帽子にするため、編み目に隙間が欲しかったからです。
藍染めの裂き布は、布の両端を編み込んだ中に収めることで、仕上げが綺麗になります。裏面は編み地の表情が異なりますので、リバーシブルで両面使えます。そのためにも裂き布の丁寧な始末が大切です。

裂き布だけだと、重たいものになってしまいますが、思い出の布を、このように少しだけあしらうと、ちょっと控えめながらもその凛とした主張が感じられるのではないかと自負しております。
裂き布は、ほんの少し撚りをかけてからの方が編みやすく、次の段に移った時に、編み目がわかり易く綺麗に仕上がります。

 

茶綿とシルクのMIX糸でカーディガン

茶綿の紡ぎ糸で

10年程前に柿渋染めしたシルクレーヨン素材のショール。
そのままでは、なかなか使う機会がなかったので、待望の綿用カーダーを早速使って紡いだコットンシルク(茶綿1:シルク1)の糸でネット編みを施し、着易いカーディガンにリメイク。
柿渋染めの布の色と光沢、感触を合わせるためである。
茶綿だけでは色が濃すぎ、少し違和感がありましたが、シルクをMIXすることで、色も光沢も感触も全く違和感が無くなったように思います。
袖の部分が柿渋染めのショールです。

襟元は自由にアレンジ可

今流行の、マーガレットより丈を長くすることで、ちょっと落ち着いた雰囲気で楽しめるようにしてみました。

カーディガンの全景
設計図
茶綿とシルクのMIX

待望の綿用カーダーがやってきた!

綿用小型カーダー

念願の綿用カーダーが届きました。
原毛用のドラムカーダーでは、繊維の短い綿のカードが不可能でした。針が深すぎて短い綿の繊維が針に喰い込んで全くカードできなかったのです。
綿の種を蒔き、収穫した綿の種を除き、その後、繊維を整えて、綿はやっと紡ぐことができるようになります。
この繊維を整える作業を綿打と言い、普通はその専門の布団屋さんにお願いするのですが、それは白に限ります。
私の大好きな茶綿は、布団屋さんでは綿打ちを引き受けてはもらえません。
機会の中を汚してしまい、掃除が大変だからだそうです。
つまり、茶綿は、自力で綿打ちするか、カードをかけるかのどちらかということになります。
茶綿で紡いだ糸で、何か形にしてみたいと思い続け、やっとその思いを叶えて下さる方に出会うことができました。遠くから何度も我が家に足をお運び頂き、このように立派なカーダーを作って頂いた事に、心から感謝しております。
最後は、コットン用のハンドカーダーで仕上げますが、一度に5グラム程をカードでき、作業時間がとても短くなりました。綿埃も立ちにくくなりました。
カーダーのサイズ:36㎝×19cm×20cm(高さ)

反対側から

 

念願の茶綿のカード

小さいドラムと大きいドラムとの隙間の微調整で、カードの精度が微妙に変る。

茶綿と野蚕シルク

茶綿と野蚕カティアシルクのモカ色を1:1でMIXしカード

コットンシルクの糸に

紡いだ糸量:85g(7.73番手)

手紡ぎ綿糸・藍染の春夏用リストウォーマー

藍染糸でリストウォーマー

こちらも、収穫した綿を紡ぎ、藍で染色。その糸で、ネット編みの春夏用のリストウォーマーを作ってみました。日差しが強い屋外では、ネット模様に日焼けしそうでちょっと心配。でも、ちょっとひんやりする室内などでは重宝しそうです。
まるで忍者のてっこみたい・・・。

アップで

かぎ針編みの基本となる鎖編みと細編みの繰り返しだけでネット編みができます。
縁だけ、ちょっとシンプルな縁編みをプラス。いたってシンプルに徹してみました。
使用糸量:およそ8番手のて紡ぎ糸37g
編み道具:1mm.のかぎ針

 

ドライブ編みの春夏用ネックウォーマー

手紡ぎ綿糸のネックウォーマー

綿の種を蒔き、収穫した綿を紡ぎ、その糸を藍で染色。
細い糸なので、2本引き合わせにしてドライブ編みをし、閉じ合わせ、片側にかぎ針で縁編み。コットン100%で、透かし編みなので、肌触りさらさらで気持ちいいです。
春から夏にかけては、電車やバスの中などクーラーが効き過ぎ、首本が寒く感じる季節で高速バスでの移動がたびたびの私には、必須アイテム。
マフラーと違い、ぶらぶらしないところがお気に入りです。
藍には虫除け効果があり、これからの季節は重宝しそうです。

アップで

糸を2本引き合わせにしているので、ドライブ編みが、より繊細になったように思います。
使用糸量:およそ8番手の手紡ぎ糸32g
編み道具:3号棒針、2mm.かぎ針
編み方:別糸でかぎ針でゆるめに32目作り目し、棒針で目拾う。
(8段ガーター編み+3巻きドライブ編み)×14セット
別糸で作り目した糸を解きながら、棒針に目を移し、両端をガーターはぎする
(こうすると、ハギ目が筋にならず、ひきつれず、どこではいだのかわからなくなる)