コリー犬毛100パーセントの手紡ぎ糸でベスト+小物

コリー犬毛100パーセントの手紡ぎ糸で

愛犬の温もりを身にまとい、その思い出を身近に感じられたらというご希望から、ベスト・帽子・リストウォーマー・マフラー等、様々なアイテムにしてみました。
コリー犬は、毛足が長く、オーバーコートとアンダーコートの二重の被毛です。
白・茶・グレー・ベージュの犬毛を混ざり過ぎず点在させながら、コーディネイトし易いような糸を目指しました。
フェルト化が進んでいたので、一部その良さを生かしたのが、ちょっとごつっとした出方の白の部分です。
襟はへちま襟ですが、立てても使えます。
手紡ぎ糸の番手:2.049番手
使用糸量:241g
編み針:10号棒針
編み方:1段目は、表編み、裏編みを交互に。2段目は表から見ると表編みのみ(裏編みで戻ってくることになる)これをリピート。
編みあがり後、湯通しすると編地が横伸びするので、必ずゲージを取り、湯通し前と後のサイズを測りその比率を記録、計算して編み目の数を決定することが大切です。
以前、この模様編みで夫のセーターを編み、仕上げに湯通ししたら、MサイズのはずがLLサイズになってしまい、本当に涙が流れてきたことがあります。結局解いて計算しなおし編み直しました。
その貴重な経験以降、見本の試作は時間がかかっても丁寧で慎重にすることが、何よりも大切であり近道と肝に命じています。

襟にオプションをプラス

毛質上、紡ぐとモヘアの様な起毛となるため、その起毛を抑るため紡ぎかたを変えて薄手のマフラーをつけました。ベストのボタンは全て形が異なります。
通常は、ボタン無しで前開きのままラフに羽織るように作っておりますが、今回は、寒さが厳しい時に便利なようにボタン付きに。(4個とも異なる形です)

濃茶の薄手マフラー

濃茶の部分は毛足は短かったのですが細くふわふわだったので、セミウーステッド(空気を追い出しながら糸のふくらみを押さえ、起毛も押さえるため)に紡いでみました。
使用糸量:30g
色の異なる犬毛を丸・三角・四角のフェルトにしてブローチでアクセントを

犬毛ホルダー

思い出一杯の愛犬たちのふわふわ感触を残しておきたいなぁと思い、こんな形にしてみました。犬毛糸で編んだ犬毛ホルダーで、そのままの感触を包み込んで。

犬毛ホルダー
お守り

ポケットやバックに入れて持ち歩けるように、お守り袋を。犬毛糸で織りボタンは犬毛をフェルト化。その中に大切な犬毛を入れます。

紡ぎ方の異なる二つの帽子に

左側はスラブ糸に。右側は、それよりも起毛を抑えるためにセミウーステッドに。
表情が違うのをお分かりいただけるでしょうか?
ガーター編みでフリーサイズ。

リストウォーマー2種

リストウォーマーも、あまり起毛していないほうが使い易いので、セミウーステッドの糸に。手首、足首両方に使えます。保温性があり、寒い冬は家の中でも簡単に着脱できて便利なアイテムです。

携帯ストラップとブローチ

携帯ストラップは、いつでも身に着けられるアイテムとして。
ブローチは、遊び心でベストやマフラーに、その他コートや帽子にも使っていただけます。

 

狼犬の抜け毛を紡ぐ

おおかみ犬の毛を紡いで見ました

紡ぎの講習に通って来てくださる方が、狼犬を飼っています。その抜け毛で紡ぎたいというご希望で、ただいまどのような紡ぎ方でどのようなアイテムに向くのかを実験中。
外側の毛は硬くて紡いでも抜け落ちるかチクチクして、首周りのアイテムには不向きですが、それ以外のアイテムなら、軽くて暖かなものに仕上がります。
内側の毛は、キャメルのように繊維が細くて短毛。モヘアのような起毛が保温性をアップ。柔らかくてふわふわの肌触りです。気持ちいーい。
しかしながら、首周りアイテムにはややチクチク感が気になります。セーターやベストに向きます。

双糸

右端の単子を2本合わせて双糸にしたのが中央の糸。それで試し編みをしたものが左端です。単子の方が風合いは柔らかで肌触りがよくなります。

リスロウォーマーを試作

上記掲載のグレーの狼犬は狼が強いのですが、こちらのベージュの狼犬はやや犬の血が濃いということです。毛質は、狼の血が濃いほど、繊維が細く柔らかいようです。したがって、こちらは首周りアイテムには不向き。それ以外のアイテム、セーターやベストには向いています。
羊毛(コリデール)を20パーセントプラスして、狼犬の繊維の短さを補ってつなぎとなり、あまり強い撚りを入れず紡ぎ易く手触りの良い柔らかい糸にしたいと思い試してみました。かなり紡ぎ易くなりました。
編みあがった段階で、抜け毛が気になったので、軽くフェルト化させたら、落ち着きました。

試作糸と編みサンプル
色を分けてリレー

一頭の狼犬でも、全身均等な毛色ではありません。体の部分によっては濃淡があります。
濃茶、淡茶、グレー、ベージュの4色に分けそれをリレーして紡いで見ました。
少し手間と時間がかかりますが、デザイン上ちょっと濃淡を生かしたい場合有効な方法です。
狼犬の体毛色は、成長と共に少しずつ変化していくのだそうです。小さい時は、他の動物の攻撃から身を守るため、保護色になっているとのこと。興味深いお話です。