春夏用・リネンとスーピマ綿の手紡ぎ糸の帽子

今まで、なかなか春夏用の素材にじっくり取り組む時間を作れずにおりましたが、やっと実現・・・。
既製の帽子に満足できず、いつも「もうちょっと、ここがこんな風だったら良いのになぁ・・・」と思い続けておりました。
つば広の帽子は風のない日は、日よけ効果を発揮してくれますが、少し風が強いとつばの部分がめくれ上がり、時には帽子が飛ばされることもあります。カチッとし過ぎていると折りたためず携帯に不都合。しかも、折跡が残ってしまう。日差しの具合や、その時のファッションにより、かぶり口を様々にアレンジできたら便利なのに・・・など。
そんな悩みを一気に解決できればと思い、素材のMIX比率や構造を模索。
コンセプトは、勿論「シンプル・イズ・ベスト。男女兼用」です。そして、上記の思いを全てクリアすること、として取り組んでみました。

まずは、糸の素材選びから。写真左はリネンの繊維、中央はスーピマ綿の繊維です。リネン繊維は中空孔のため、吸水性・速乾性に優れ、汗ばむ季節には、肌に纏わり付かず爽快感があり、春夏用の素材として魅力的。スーピマ綿は、綿の中でも高品質で、Superior Pima(高級ピマ)の略です。繊維の長さは35㎜以上の超長綿で、繊維が細くしっとりとした柔らかな肌触りで光沢もあり、カシミアにも匹敵すると、高い評価を得ています。綿繊維も、リネン繊維同様中空孔です。
余談ですが、その漢字を知らず、昔「蝶々綿」と勘違いしていた私は、「蝶々が沢山やってくるお花が咲く綿なのだ・・」と思っておりました。お恥ずかしい・・・。
その2種類の繊維の良さを生かし合えるMIX比率を、糸の試作に試行錯誤。繊維の長さが異なるため、敢えてその効果を狙い、スラブ双糸に紡ぎ、それぞれの繊維の表情が自由に現れる糸に紡いでみました。
リネンの清涼感を損なわず、携帯する時に折跡がつかぬようスーピマ綿の柔軟性の助けを借りることにしました。その比率がリネン:スーピマ綿=65%:35%です。帽子本体は、上記写真右の糸を使用。日よけとなるプリムの部分は、風でめくれあがらぬようなギリギリの幅にし、ヘナヘナしすぎないよう、リネンのみで細く双糸に紡ぎ、上記写真右の糸と引き合わせにして編み込みました。
それにより、プリムの部分で増やし目をしなくても自然な広がりが得られました。

プリムの部分がしっかりしたことで、プリムの後方を折り返したり、前方だけを折り返したり、プリム全体を折り返したりと、様々なアレンジが可能となりました。
プリムを折り返さず目深にかぶると、格子戸から外の様子が見えるように、編み目の隙間から気配がわかるところも気に入っています。
やや深めに仕上げている上、手紡ぎ糸を手編みすることで伸縮性も兼ね備え、タイトにかぶりたい時は、少し縦に引っ張り、ゆったり目にかぶりたい時は、帽子の内側に両手を入れ、少し外側に広げてとサイズ調整も自由自在。
スーピマ綿をMIXすることで、折りたたんでも跡が残らないよう工夫。
藍染めにした裂き布をアトランダムに編み込み、アクセントにしてみました。シンプルなデザインですが、とても機能的で使い勝手の良い帽子となりました。

編み針は、5号かぎ針を使用。紡いだ糸は2.2番手スラブ双糸。リネンのみの双糸は3.4番手。少し緩めに編んだ方が、編み進む時にかぎ針を目に挿入し易いです。編み方は筋編み。段を切り替えるより、ぐるぐると編み進めた方が仕上がりが綺麗です。途中までの増やし目は、その位置が分かり難いように分散して編み進めます。
筋編みにした理由は、重くならぬよう仕上げたかったことと、涼しさを感じられる帽子にするため、編み目に隙間が欲しかったからです。
藍染めの裂き布は、布の両端を編み込んだ中に収めることで、仕上げが綺麗になります。裏面は編み地の表情が異なりますので、リバーシブルで両面使えます。そのためにも裂き布の丁寧な始末が大切です。

裂き布だけだと、重たいものになってしまいますが、思い出の布を、このように少しだけあしらうと、ちょっと控えめながらもその凛とした主張が感じられるのではないかと自負しております。
裂き布は、ほんの少し撚りをかけてからの方が編みやすく、次の段に移った時に、編み目がわかり易く綺麗に仕上がります。

 

手紡ぎ糸の ベレー帽/表情の異なる様々な糸をリレーして

手紡ぎ糸の ベレー帽/表情の異なる様々な糸をリレーして 画像からCreema店へリンクしています。

素材:羊毛(メリノ・コリデール・アルパカetc.)
使用糸量:113g
cms002

表情の異なる様々な糸をリレーしてベレー帽にしてみました。
被り口は、伸縮性のある一目ゴム編み、それ以外はかぎ針編みです。
リバーシブルで両面使いができます。(片面はすじ編み)
アートヤーンやスラブ糸の豊かな表情がこの帽子の個性を引き出してくれました。

《洗濯の仕方》
洗剤(ウール洗い用)はほんの少しで。原毛の脂分を落としすぎると、保温性が落ち、暖かくなくなってしまいます。ぬるま湯で優しく押し洗い。もみ洗いすると、フェルト化して縮みます。ゆすぎもぬるま湯で。温度変化によりフェルト化するのを避けるためです。脱水は30秒。

手紡ぎ糸の帽子/藍染め風に仕上げたくて、染色コリデールの濃紺をベースに、トルコブルーを散らしてツイード風に

手紡ぎ糸の帽子/藍染め風に仕上げたくて、染色コリデールの濃紺をベースに、トルコブルーを散らしてツイード風に 画像からCreema店へリンクしています。

素材:羊毛(コリデール)
使用糸量:141g
立体的な編み方で伸縮自在のフリーサイズ。長さ30㎝
cme022

手紡ぎ糸の優しい風合いと暖かさをお伝えしたくて・・・。
飽きのこない大好きな藍染風のシンプルなデザインです。
大好きな藍染ですが、藍は生き物のため、その管理は大変です。
藍の種を蒔き、収穫して乾燥させたものを保存していますが、なかなかそれを使って染めるのには手間がかかります。
そこで、大好きな藍染風に紡いで、帽子にしてみました。

帽子を脱いだ時、髪がぺしゃんこになり難い様ゆったりサイズに調節可能。
横伸びしたら、縦に引っ張ると、元に戻ります。
3通りのかぶり方が可能。(そのまま・内側に折る・外側に折る)
かぶり口を折り返すと、耳の部分が二重になり防寒性に優れ、実用的。
折り返さず少しルーズなかぶり方もお洒落です。

《糸の紡ぎ方と原毛のこと》
スラブ単糸とセミウーステッド単糸。太い方の糸はスラブ単糸に。細い方は少し空気を追い出しつつ撚りを多めに紡ぎました。あえて双糸にせず、2本引き合わせで編んであります。原毛を藍染してから紡ぐと、コスト高となることから、MIXの仕方を工夫することで、染色原毛を使用して、藍染風の色合いにに近づけて見たいと思いました。

コリデールは、私の大好きな羊さんです。メリノとリンカーンの交配種で、両方の良さを兼ね備えた毛質の持主。
メリノは、羊の中で、繊維が最も細い種で、乾燥に強く粗食に耐え得る強靭な体質です。リンカーンは、繊維が太くて光沢があり、雨や湿気に強い羊です。
コリデールの毛質は、その両者のいいとこ取り。手触りも柔らかく、光沢もあり、繊維の太さや長さも、とても扱い易く、他種とのブレンドにも幅広く使えます。様々な種類の糸質に紡ぎ分けることが可能な品種で、私の心強い相棒です。
ニュージーランド南東やオーストラリア東海岸に生息し、厳しい気候の山岳地帯から、雨の多い地域に至るまで、広域で育ち易い品種です。

《洗濯の仕方》
洗剤(ウール洗い用)はほんの少しで。原毛の脂分を落としすぎると、保温性が落ち、暖かくなくなってしまいます。ぬるま湯で優しく押し洗い。もみ洗いすると、フェルト化して縮みます。ゆすぎもぬるま湯で。温度変化によりフェルト化するのを避けるためです。脱水は30秒。
縦に引っ張り、形を整えて、平置きの状態で自然乾燥させて下さい。

手紡ぎ糸の帽子/秋色に変化を見せる緑をイメージして、ツイード風に。染色コリデールをMIX

手紡ぎ糸の帽子/秋色に変化を見せる緑をイメージして、ツイード風に。染色コリデールをMIX 画像からCreema店へリンクしています。

素材:羊毛(コリデール)
使用糸量:129g
立体的な編み方で、伸縮自在のフリーサイズ。長さ30㎝
cme009

手紡ぎ糸の良さは、何と言っても優しい風合いと暖かさです。
モスグリーンの濃淡をメインカラーに、ヤマブキ色のアクセントカラーを散りばめ、双糸にしました。
頭のサイズに関係なくお使い頂けるフリーサイズです。ゆったりめに被りたい時は、少し横に広げて。横伸びしたら、縦に引っ張ると元に戻ります。
帽子を脱いだ時、髪がぺしゃんこになり難いよう、頭頂部をゆったりめにデザインしました。

手紡ぎ糸の帽子/ゴツゴツ感のある糸にしたくて。

手紡ぎ糸の帽子/ゴツゴツ感のある糸にしたくて。  画像からCreema店へリンクしています

素材:羊毛(コリデール)
使用糸量:118g
サイズ:幅24cm×長さ30cm
cms004

コリデールのナチュラルカラーで、手紡ぎならではのゴツゴツ感のある糸に。
原毛を手ほぐしすることで、色が混ざり過ぎず、自然の色合いをそのまま活かしてみました。1頭の羊でも部位により繊維の長さも色も質も異なります。原毛の一房ずつを手ほぐしするのは時間がかかりますが、羊さんの個性をそのままお伝えするには、この方法に勝るものはないと思っております。
秋が深まり、枯葉の上に降り始めた雪をイメージして白を散らしてみました。
立体的な編み方で空気を沢山含ませ、保温性と伸縮性を高めたフリーサイズ。
子供から大人まで年代を問わず、男女を問わずお使い頂けるユニセックスなデザインです。

帽子を脱いだ時、髪がぺしゃんこになり難い様ゆったりサイズに調節可能。
横伸びしたら、縦に引っ張ると、元に戻ります。
4通りのかぶり方が可能。(そのまま・内側に折る・外側に折る)
裏返すと、房なしの帽子としてもお使い頂けます。
かぶり口を折り返すと、耳の部分が二重になり防寒性に優れ、実用的。
折り返さず少しルーズなかぶり方もお洒落です。
手紡ぎ糸ならではの優しい風合いです。

《原毛のこと》
コリデールは、私の大好きな羊さんです。メリノとリンカーンの交配種で、両方の良さを兼ね備えた毛質の持主。
メリノは、羊の中で、繊維が最も細い種で、乾燥に強く粗食に耐え得る強靭な体質です。リンカーンは、繊維が太くて光沢があり、雨や湿気に強い羊です。
コリデールの毛質は、その両者のいいとこ取り。手触りも柔らかく、光沢もあり、繊維の太さや長さも、とても扱い易く、他種とのブレンドにも幅広く使えます。様々な種類の糸質に紡ぎ分けることが可能な品種で、私の心強い相棒です。
ニュージーランド南東やオーストラリア東海岸に生息し、厳しい気候の山岳地帯から、雨の多い地域に至るまで、広域で育ち易い品種です。
食用肉としても美味しく、理想的な毛肉兼用種です。
アルパカ(ラクダ科)は、南米大陸のペルー、アルゼンチン北部などのアンデス高原に生息。繊維はとても細くて柔らかく、光沢があります。ナチュラルカラーの種類が豊富なのが嬉しいです。羊毛に比べ、あまり伸縮性のない糸になりますが、風合いが良く、軽くて暖かく、丈夫で毛玉にならないのが特徴です。

《洗濯の仕方》
洗剤(ウール洗い用)はほんの少しで。原毛の脂分を落としすぎると、保温性が落ち、暖かくなくなってしまいます。ぬるま湯で優しく押し洗い。もみ洗いすると、フェルト化して縮みます。ゆすぎもぬるま湯で。温度変化によりフェルト化するのを避けるためです。脱水は30秒。
縦に引っ張り、形を整えて、平置きの状態で自然乾燥させて下さい。