ユニセックス・薄手のセーター/手紡ぎ糸・手編み

シェットランドシープとブルーフェイスを交配した羊さんの原毛を、洗い、手紡ぎし、その糸で手編みをしたセーターです。
シェットランドの繊維はフェルト化し易いのですが、ブルーフェイスと交配させているため、心配するほどの収縮率ではありませんでした。
しかし、念には念を入れ、更に肌触りの良い上質な仕上がりにしたくて、アルパカ20%をMIXしました。滑らかな肌触りです。

メンズのMサイズ位ですが、女性は胸囲に横幅が取られるので、ざっくり着たい方にはお薦めのサイズです。
袖先は、ゴム編みにせず、水仕事の時でも邪魔にならないよう腕まくりしやすいデザインにしました。腕まくりしてラフなスタイルも楽しめて、とても重宝です。いつもデザインを考える時は、何通りかの使い方、着方ができる方法をと模索しています。

とにかく軽くて暖かで、着ていることを忘れてしまいそうです。これ、決してオーバーな言い方ではありません。
使用糸量:416g
サイズ:着丈67㎝・身幅52.5㎝・ゆき丈77㎝

3色に紡ぎました。下部は濃茶、その上はグレー、そして淡茶へと。


試作糸で試し編み。大切な確認事項です。
原毛は、紡いだ後、必ず蒸して仕上げます。原毛の種類によりその繊維の収縮率が異なります。試し編みしたものは、必ず湯の中でリラックスさせてあげます。編み方によりそのサイズ変化は異なりますが、平編み以外は、編んだままだと編み地の表面の凹凸が顕著ですが、湯に放つと、リラックスして自然に広がります。
編み方によっては、かなり横伸びするので、必ずこの作業をする必要があります。
もう何十年も前のことですが、初めてセーターを編んだ時「あぁ、やっと出来上がった!嬉しい!さぁて、仕上げに湯通しをしよう」と・・・。
びっくり!!!びっくり!!!3サイズ位大きくなってしまったのです。
泣きました。本当に涙が溢れてきて止まりませんでした。
喜びは束の間・・・でした。
あの時のことを教訓に、必ず試し編みして湯に放ちます。
泣かないように・・・。

淡茶は、原毛の色合いを生かしたくて、あえて濃淡をそのままアクセントとして糸の表面に現れるように紡ぎました。

ラフなデザインにしたかったので、襟と袖口はゴム編みにせず、自然にまるまるようにしました。
襟は内側に折り込むと、普通のセーターの襟になります。

一見するとゴム編みのように見えますが少し違います。
編み地の凹凸が空気の層を作り、保温効果を高めてくれるので、平編みより暖かな仕上がりになります。シンプルで機能性に優れた、大好きな編み方です。

Creema店にて販売しています。

本藍染めの手紡ぎ糸で、念願のセーターを・・・

藍染めの退色を防ぎたくて、糸の中まで均等に染料が届けば、その問題を解決できるのではないかとの考えから始めた今回の試みも、遂に最終段階まで参りました。なんだかワクワクします。
今回の目的を確認するには、しばらく時間がかかりますが、その時間も大切に感じてみたいと思います。
軽くてとても暖かく、優しい風合いのセーターに仕上がりました。
長い間恋い焦がれていた本藍染めのセーターの完成でーす!

薄手でも暖かな仕上げにするため、平編みではなく、凹凸のある編み方にして空気の層を沢山包み込める鹿の子編みの応用をしてみました。平編みより伸縮性にも優れ良いことづくめです。
袖口はガーター編みで、二重構造のため保温性に優れ、縦に伸縮性があり、水仕事の後、手の甲の冷えをカバーし温めるのに便利です。洗濯後、縮んで袖丈が短くなってしまうこともしばしば起こりがちですが、この編み方だとその心配も解消されます。試行錯誤の結論です。
水仕事の時、袖口が邪魔というお声を沢山お聞きしますが、この編み方だと、袖口先端の伏せ止めをできる限りゆったり仕上げることで、好きな位置まで袖をまくり上げることが可能となります。作業中に落ちてくることもありません。ちょっとした工夫で、一石三丁くらいになりまーす。

襟は内側に織り込めば、オーソドックスな丸襟タイプに。このままでも衿先を丸め気味の場合と伸ばし気味では少し雰囲気が変わります。私は、少し立て気味にして、内側に薄手のシルクのミニスカーフをするのが気に入っています。空気を沢山包み込み保温性抜群です。
首まわりと袖口に少しだけ気配りすることで、だいぶ体に優しくなります。
裾は3.5㎝程ガーター編みにしました。

次回への課題:原毛には脂分があるため、植物繊維とは違い、染色の際、染料が入りやすいようある程度脂分を落としてから染色しなければなりません。しかし、自然の脂分をできるだけ残したいという思いとの葛藤がありました。結果、自然の脂分を残し光沢を大切に・・・。
それでも、ちょっと欲張りな私は、まだ濃紺を諦めることができません。
次回は、白を染めるのではなく、ナチュラルカラーの淡いグレーとベージュで再挑戦してみたいと思っています。もう少し深みのある藍紺に焦がれております。
編み道具:4号棒針
使用糸量:384g
仕上がりサイズ:幅52㎝ 着丈56㎝

 

スラブ双糸のセーター(メリノ・コリデール)

夫の誕生日プレゼントに、ちょっと頑張ってみました。
セーターは、紡ぎも編みも時間が掛かるため、いつも心して取りかかります。
何とか誕生日の3日前に仕上がりほっとしました。
手紡ぎ糸のセーターは軽くて暖かい仕上がりが大切なポイントです。
重いと肩が凝ってしまい疲れます。
歳を重ねるごとに、「軽くて暖かくて楽なデザインがいいなぁ」と亭主殿。
明るめの色が似合うお年頃になりました・・・。

メリノとコリデールをMIX。
紡ぎ道具:マジャークラフト・ローズ
昨年末に、新しい紡ぎ車が届きました。
マジャークラフトの製品は、どれをとっても丁寧に愛情を込めて作られており、使い易く、頼もしい相棒です。
紡ぎ方:スラブ双糸
紡いだ糸量:863m/864g(0.99番手)
使用糸量:792g
編み道具:8号棒針・6号棒針(襟)

 


編み方は、鹿の子編みですが、横は表編みと裏編を交互に、縦は表編み2段と裏編2段を交互です。凹凸のある編み方は、編み目の隙間に十分空気を含ませることで保温効果を高めてくれます。糸の使用量も少なくて軽く仕上がります。

仕上がりサイズ:着丈65㎝・身幅53㎝

シルクウールのセーター

シルクウールのセーター

友人から、ダンボール箱に沢山詰め込まれた原毛が届きました。
一目惚れしたのが、このシルクウールの原毛でした。
昨年の春に、綿・シルク・ウールをMIXしてセミウーステッドに紡いだ糸で編んだカーディガンが、薄手で軽くて季節を問わず重宝しました。そこで、またまた、季節を問わず着ることができるものをイメージ。
糸の試作を何種類かした結果、やはりセミウーステッドに紡ぐことに決定。4.93番手に紡いだ糸を2本引き合わせ編み。
使用糸量:374g
使用編み針:6号棒針・8号棒針・6号輪針
編み方:鹿の子編み   一目鹿の子編みを縦に二段ずつ繰り返します
仕上がりサイズ:着丈60cm. 胸囲100cm

ガーター編みの袖口

袖口は袖の長さを調整しやすいよう、2段ずつのガーター編み。
身頃は、凹凸のある編み方にすることで、空気を充分含んで保温性を高めています。
ざっくりと編み上げ、軽くて空気を充分含ませることができるよう、敢えて糸に対してやや太目の編み針を使用。
374gという軽さに仕上げることができました。
フリースやヒートテック素材の軽くて暖かい素材が冬の必需品。重いものは身に着けなくなっているこの頃です。
軽くて暖かい糸が、手紡ぎ糸の良さです。
知人が、紡ぎ始めたばかりの頃、手紡ぎ糸でセーターを編み、娘さんにプレゼントしたところ、「お母さん、重くて着れない」と返却されショックを受けたそうです。
でも、物は考えよう。他人ならそんなことは思っても決して言ったりはしません。
娘さんの正直な意見は、その後の紡ぎには有り難い貴重な意見だったのではないでしょうか?

ガーター編みの襟ぐり

真夏の汗ばむ季節以外は、立ち襟を好んで着ています。襟首がスースーすると首をすぼめたくなるので、肩がこって疲れてしまうのです。
袖口同様ガーター編みなので、保温性に優れています。
襟ぐりを、もう少しボートネックに近付けた方が、より女性らしいエレガントな襟のラインになったのではないかと思います。

ハンドミックスの手紡ぎ糸で手編みのセーター

ハンドミックスならではの表情に

手紡ぎの良さ、楽しさの究極を体感してみたいと思い、カーダーを一切使わず、ひたすらハンドミックス。紡ぐ前の準備に最も時間をかけた糸になりました。
様々な糸見本とスゥオッチ試作。同じ糸でも、編み針の号数が違うと、まるで風合いの異なるものになってしまうので、この工程に最も神経と注意と時間を費やすことになります。
同じ色の配分でも、混ぜすぎると全体に混ざり過ぎて、平凡な表情の糸になってしまいます。手間を惜しまず、時間をかけ丁寧に作業することで楽しげで個性的な表情の糸になってくれます。
白は、チェビオットのフェルト化した部分を生かしてみました。

ハンドミックス後、ロールに
糸見本と編みスゥオッチ
アップで
手紡ぎ糸
へちま襟

この形の襟は、同じような形でも、襟幅・襟下がりの長さのバランスにより、かなり着易さや見た目が異なってきます。
たまたま、バランスの良いこの襟と同じデザインの綿セーターを着て遊びに来ていたので、その襟サイズを参考にさせて頂きました。
襟を立てると、また違った雰囲気になります。

使用原毛:メリノ・コリデール・チェビオット
紡いだ糸の番手:1.419番手
使用糸量:600g
編み:10号棒針使用(襟は6、7、8号棒針使用)