メリノのネックウォーマー

肩まですっぽりサイズに

「肩まですっぽりかぶるサイズの方が、ちょっとお洒落で、ことしのトレンドかな?」と思い、もう少し短めだったものの裾を解いて編み足してみました。
お揃いで、リストウォーマー兼レッグウォーマーも。
メリノウールなので、肌触りも良く、室内、屋外を問わず使うことができます。
展示会の時にお買い上げいただいた方のリクエストにお応えしたものです。

使い勝手が良さそうなので、私も、自分用に作ってみようと思います。

東京梅が丘Hoppendakkoにて展示会(10月7日~10日)

展示会場Hoppendakkoにて

10月7日から10日までの4日間、東京梅が丘のHoppendakkoにて展示会をさせていただきました。Hoppendakko さんのご好意により、このような機会を与えていただいたことに、心より感謝申し上げます。ありがとうございました。
本当に幸せで楽しい4日間でした。
認知度の低い「紡ぎ」なので、「紡ぎ」の楽しさを伝えられる展示会を心がけてみました。
ひとくちに羊と言っても、その生息環境によって、羊毛の質も異なります。
様々な原毛に触れ、その感触の違いを体感していただけるよう、作品と共に原毛もディスプレイ。
見る展示会ではなく、触る展示会となりました。
織りより、編みの作品が多かったせいでしょうか、紡ぎを身近に感じていただけたようで嬉しく思います。
原毛から紡いだ糸だけでなく、既成の糸からアートヤーンを作る過程も展示。
少しずつ残った糸から作ったツイード糸など、糸好きの方のお家に眠っていそうなテーマも取り入れてみました。
「紡ぎ屋 遊楽」の名の通り、「遊び心で楽しむ」ことを大事にしたいと考えています。
今まで、友人・知人に「紡いでいる」と言っても、「・・?・・?」という反応でしたが、この展示会を通して「紡ぎ」を楽しんでいる私を知って頂けたようで嬉しい限りです。
また、初めてお会いした多くの方々にも、「紡ぎ」に興味を持っていただけたことは、この上ない喜びであります。
不定期ではありますが、東京での「紡ぎ」の講習会ができるようこれから準備を始めたいと思います。
皆様から、沢山の励ましの言葉や元気、勇気を頂きけたことが何よりの宝物となりました。本当にありがとうございました。

原毛、糸、織り、編みのサンプルたちブローチ

 

石にフェルトワーク

散歩の時、海辺で拾った石ころに原毛を巻きつけ、フェルトワーク。
気分転換に、楽しいひと時です。
右手前は、お針刺し。原毛には脂分があるので、針が錆びにくいのです。

リストウォーマー兼レッグウォーマー

一番人気でした。編み方がシンプルで、伸縮性抜群でサイズを問いません。
横に広がっても、縦に引っ張ると元に戻ります。
会期中、友人宅に泊めていただいたのですが、夜は、せっせと編んでました。

アルパカのマフラー

アルパカは羊ではありません。ラクダ科です。
敏感肌で、ちくちくする羊毛には弱い方でも、この肌触りなら大丈夫だと思います。
濃い目のベージュ、グレー、黒ねずの3色を作ってみました。
波打った糸を紡ぎ、ドライブ編みでその表情を生かしてみました。

セーターとベスト

左は、ご亭主殿のセーター。
イギリスの友人から送られてきた原毛を紡いで作りました。
海辺の海草を食べて育った羊さんだそうです。厳しい寒さから身を守るため、外側は剛毛で中はダウン状態です。その良さを生かせるよう、脂分はできるだけそのまま生かし、防寒性を保持。ちくちく感は最小限におさえたかったので、他の品種の原毛もブレンド。ナチュラルカラーです。
「軽くて暖かい」と好評でーす!
右は、長方形2枚を合体させたベスト。
ブルーフェイスを双糸に紡ぎ、染色。編んでみました。肩剥ぎがないので、とっても着やすく、軽くて暖かです。

ベスト・ベスト・ベスト

ベスト大好き!
一番奥は、緑綿のベスト。畑に種を蒔いて、収穫した綿を紡いだ糸で作りました。
綿の原種は茶。白は改良品種。緑は害虫に強い品種の研究中にできた突然変異だそうです。
緑は日本の気候でははじけにくく、収穫量がとても少なかったので、シルクノイルを混ぜて、やっと1着分にしました。
手前の茶色とピンクのベストは、紡いだ糸を織って布地にし、仕立てたもの。
仕立てに、糸を全く使っていないのが特徴です。
原毛には、キューティクルがあり、それを絡ませることで接合しています。

コリデールとピレネーシープのベスト

どちらもナチュラルカラー。
右のグレーのベストはピレネーシープで、標高の高いピレーネー山脈に生息する羊です。

なかなか手に入らないので、見つけた時は買い占めてしまいます。