menu

カテゴリ一覧

Old Blog - ITカテゴリのエントリ

twitterへpost

カテゴリ : 
IT
執筆 : 
admin 2009-8-13 16:49
自分のブログをtwitterへポストは無事完了した。

手順

まず
http://twitter.com/
へ登録をする

で、
http://twitterfeed.com/
にて登録を行う。

私はOpenIDを使用してログイン。

New Feedで
Feed Nameと自分のRSS Feed URLを記入してCreate Feedボタンを押して完了。

これで設定時間ごとに新しい記載があればtwitterへPOSTされる。

自分のtwitterのフィードをWEBに表示させることも可能なので。

お仕事のページの新着にtwitterを利用するのも有りかも。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (3644)

twitterへ登録してみた

カテゴリ : 
IT
執筆 : 
admin 2009-8-13 13:08

twitterへ登録してみた。

twitter書き込みをこのサイトに問題無く表示できたが、このサイトのフィードをtwitterへ表示させる方法にトライ。設定が間違っていなければ多分表示されるはず。

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1801)

ハングル語へ変換してくれるページ

カテゴリ : 
IT
執筆 : 
admin 2009-7-1 12:25

anklet.comへ訪れる人が多いサイトに行ってみたらハングルに変換をしてくれるページだった。

http://j2k.naver.com/j2k.php/korean/www.anklet.com/

私はハングルを知らないので正しい翻訳かは不明だが、面白い。

 

 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (2362)

CMSの話

カテゴリ : 
IT
執筆 : 
admin 2009-2-24 1:13

CMSのお話をした内容を知りたいと友人よりメールを頂きのことでしたので、21日に中小企業診断士の先生方に説明をさせていただいた内容を記載します。

内容はWEB上にある内容に少し手を加えました。 いくつかは私のサーバーに入れて初期動作を確認したりしています。

Contents Management System
別名 : コンテンツ管理システム

http://e-words.jp/w/CMS-1.html より転載

Webコンテンツを構成するテキストや画像、レイアウト情報などを一元的に保存・管理し、サイトを構築したり編集したりするソフトウェアのこと。広義には、デジタルコンテンツの管理を行なうシステムの総称。

Webサイトを構築するには、テキストや画像を作成するだけでなく、HTMLやCSSなどの言語でレイアウトや装飾を行ない、ページ間にハイパーリンクを設定するなどの作業も行なう必要がある。これらの要素を分離してデータベースに保存し、サイト構築をソフトウェアで自動的に行なうようにしたものがCMSである。

CMSを導入すれば、テキスト制作者はHTMLなどの知識を習得する必要はなく、デザイナーはテキストが更新されるたびに作業を行なう必要はなくなり、それぞれ自らの作業に集中することができる。また、サイト内のナビゲーション要素なども自動生成するため、ページが追加されるたびに関連するページにリンクを追加するといった煩わしい作業からも解放される。CMSの中には、サイトのデザインを「テンプレート」(ひな型)としてあらかじめいくつか用意しているものもあり、これを使えば画像の作成やデザインなどを行なうことなくサイトを構築することができる。

CMSには、作成できるサイトの自由度の高い汎用的なソフトのほかに、WikiやWeblog(Blog、ブログ)など、コンテンツの管理の仕方やサイトのコンセプトに特徴のあるソフトもある。また、それぞれについて、企業のサイト構築に利用するための商用ソフトウェアや、無償で公開されているフリーソフトウェアがある。Webサイトのホスティングの形でCMSが利用できるサービスもある。

 

*CMSとは

CMS比較(アイビー・ウィー)
http://wiki.geeklog.jp/index.php/
より転載し少し手を加えています。

一般サイトからグループウェア、ポータルサイトの構築を作成できるシステム。

CMSでは、一般サイトからグループウェア、そしてインターネットの入り口となる巨大なWebサイトであるポータルサイトの構築まであらゆるサイトが構築可能です。様々な機能をプラグインとして追加し、システムを簡単に拡張できます。ブログやWiki、Commerceなどもプラグインが提供され、それを汎用CMSに組み込むことで一体化してサイトを構築、運用することができます。

例)

*XOOPS Cube(ズープス キューブ)(Wikipedia) …XOOPSからフォーク(枝分かれ)。GPL。
XUGJ

XOOPSはユーザ登録型ポータルサイト(コミュニティサイト)を手軽に構築できるCMSです。多数のプラグインが公開されているため、自由なカスタマイズも可能。

kudaishi.comは本家サイトhttp://www.xoops.org/のシステムを使用しています。

*Drupal(ドルーパル) …GPL。

Drupalは軽量な動作と直感的なファイル管理ができることが特徴のCMSです。このCMSはインストールがほかのCMSに比べてやや難しい特徴がありますが、CMS Squareではプリインストールして提供しています。日本語化パッチも導入済のため、すぐにご利用開始できるらしい。

*Joomla(ジュームラ) …Mamboからフォーク。GPL。

Joomla!はCMS Mamboをベースとしてポータルサイト簡単に構築できるCMSです。複数人数で編集、投票、サイト内検索、RSSフィード等様々な機能が備わっています。
私が利用しているUSAのサーバーでは自動インストールに採用されています。欧米ではxoopsより有名なのかもしれません。

*Plone(プローン) …アプリケーションサーバ Zopeを使用して構築。GPL。

*NetCommons(ネットコモンズ) 
NetCommons1.1系…XOOPSからフォーク。GPL。
お客様のサイトに入れています。
NetCommons2.x系…Ajaxを多用した新しいシステム、文字コードも(UTF-8)へ変更されています。
NetCommons2.x系を私のサーバーに入れましたが文字化けが解消されません(~_~;)

*eZPublish 
OpenOfficeのドキュメントを一括流し込みが可能とのことでオフラインでもページ制作が可能とのことです。

導入事例
http://www.mysql.com/ MySQL
http://vpf.mit.edu/ MIT
http://www.elle.com/ ELLE

*TYPO3
杉並区商店会連合会のホームページ運営委員会で説明を受けました。画像生成システムや一つのシステムでいくつ物サイト管理が出来るなどかなり高度です。
ただサーバーに高機能を求めてしまうようで安価なレンタルサーバーには不向きのようですが自宅サーバーで試してみようかなとは思っています。

説明をしていただいたスタイルチューン株式会社で高機能サーバーも用意してくれるとのことです。
http://www.stune.co.jp/

*SOYCMS
最近話題になっているようですが、商用ライセンス等が???

*TeamSite
CMSといえばこれ、でも話に寄れば1000万円に少しおつりが来るとか?

次回はBLOGシステムや他のシステムについて
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (4490)

CMSのお話

カテゴリ : 
IT
執筆 : 
admin 2009-2-21 15:08

中小企業診断士の先生方にCMSのお話をしています
記載方法や写真の載せ方の方法でこれを記載しています。

画像アップテスト

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (2160)

ミラーサーバー

カテゴリ : 
IT
執筆 : 
admin 2009-2-15 17:55
昨日の夜から、MySQLサーバーの不具合が発生して断続的に接続できなくなっていた。
kudaishi.com事態が負荷の掛かるようなアクセス数ではないので私のせいではない。多分(笑い)

価格的にリーズナブルなのでアメリカのサーバーを利用しているのだが、移転を真剣に考えないといけないかなと思っている。
ちなみにこのサーバーは「ディスクスペースが無制限ってすごくないですか?」 とは別のサーバーです。

国内においている別のサーバーに同じ内容をUPして、エラーメッセージ内にそのURLを記載しようかと考えているところだ。

もちろん、本格的なミラーサーバーではないが、まあよしとするかという感じ。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (2140)

Yahooでケータイ検索

カテゴリ : 
IT
執筆 : 
admin 2009-2-12 10:50

作成させていただいている「阿佐ヶ谷ジャズストリート公式サイト」が携帯での検索結果が出ないと担当者より連絡を頂いた。

http://mobile.yahoo.co.jp/

でキャリアごとの検索結果を見ることが出来るので検索したところ、キャリアごとに検索結果が違うことに驚く。同じ検索エンジンを使っていると思うのだが?

iモード・EZwebは検索結果の2番目(2番目というのも問題かも(笑い))に表示されたがご連絡いただいた方のYahoo!ケータイでは表示されない。

「Yahoo!ケータイ」対策、 さてどうしたものか?

iモードの検索結果

iモードの検索結果画面

Yahoo!ケータイの検索結果

Yahoo!ケータイの検索結果

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (2020)

仕事で使用しているanklet.comのドメインを登録しているnetworksolutionsを見ていたら、格安でホスティングをしていたのでWEBストレージになるかなと契約をした。
以前見た時には$119.52/年だったのがセールで$89.62/年になっていたので思わずカートに入れてしまった。1番安いので契約をしたがそれでも以下の仕様になる。

Disk Space  300 GB
Monthly Data Transfer  3000 GB
Domain Pointers / Subdomains  100
E-mailboxes  1000
E-mailbox Storage  1 GB
MySQL Database 25 (300MB)

WEBストレージとして使用するとしても300GBが月10ドルで使用可能なのはやはり破格なのでは。

輪をかけてすごいのは一番高い$349.56/年の契約だと以下の仕様が無制限となる。

Disk Space 
Monthly Data Transfer  
E-mailboxes 
MySQL Database
年間35,000円でディスク容量が無制限ってすごくないですか?

だが、契約したサーバーにNetcommons2を入れたところ文字化けで使えない。
MySQL charset: UTF-8 Unicode (utf8)
MySQL connection utf8_general_ci
としてもダメ。
もっと調べて変更すればよいと思うのだが、時間が無いのでこれは今度行うこととして、自動インストールのある、wordpress、tikiwiki、gallery2を入れたところ問題なく日本語も通った。
このgallery2にanklet.comのカタログを入れようと思っている。

作成途中のキャプチャー

anklet.comのCATALOG

CATALOGはこちら

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (32425)

picoのフォームプラグインについて備忘録

カテゴリ : 
IT » xoops
執筆 : 
admin 2009-2-6 21:37

anklet.comのリニュアルをしていて、システム関係の備忘録を記載しておくこととする。

1)共通フォームの内容をpicoに記載する。
<form>
    お名前<br />
    <input class="required" name="お名前" type="text" /> <br />
    メールアドレス<br />
    <input class="email" name="youremail" type="text" /> <br />
    コメント内容<br />
    <textarea rows="5" cols="50" name="comment"></textarea><br />
    <br />
    <input type="submit" value="内容確認" />
</form>

その時は他に原因があったのかもしれませんが
テーブルレイアウトをしたり<div></div>等で囲うとうまく動かなかった。

本文フィルターやオプションのチェックを全てはずしてもOK

<input type="submit" value="内容確認" />で「value="内容確認"」にしたのは
「submit」後確認ページが表示される為です。


2)次にこのフォームのID番号を確認する
***/index.php?content_id=3
この「3」になります。

表示したいページで以下のように記載する。

---------------------------

<div id="hen03">
<h2>お問合せ</h2>
<div style="margin-left:50px;">
<{capture}>
<{pico id="3"}>
<{/capture}>
<{formmail4fleamarket mail_body_pre="コメントがありました。\n\n" from_name="アトリエへん" cc_field_name="youremail" cc_mail_subject="確認メール" cc_mail_body_pre="コメントを頂きありがとうございました。\n以下が確認内容です。\n"}>
</div>
</div>

--------------------------

<{capture}>
<{pico id="3"}> ・・・・・この「3」がcontent_idです。
<{/capture}>
でformの記載ページを呼び出して

<{formmail4fleamarket
mail_body_pre="コメントがありました。\n\n"
from_name="hogehoge"
cc_field_name="youremail"
cc_mail_subject="確認メール"
cc_mail_body_pre="コメントを頂きありがとうございました。\n以下が確認内容
です。\n
"}>

これがオプションになります。

他にもあるようですが
http://xoops.peak.ne.jp/md/news/index.php?page=article&storyid=443
のページによれば
-------------
mail_body_pre: XOOPSから管理者に送られるメール本文で、問い合わせ内容の前に置かれるテキストです
from_name: メールの送信者名です
cc_field_name: フォーム回答者にも確認メールを送る際に、その宛先となるメールアドレスとなるフィールド名を指定します(ここではyouremail)
cc_mail_subject: 確認メールのSubjectです
cc_mail_body_pre: 確認メール本文で、問い合わせ内容の前のテキストです
------------

後で追記予定

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (69688)

CMS Nightに参加した

カテゴリ : 
IT
執筆 : 
admin 2009-2-5 22:35

以前から気になっていたCMS Nightに参加した。

会場は西新橋なので、館山を4時に出て、最終バスでの帰宅と大忙しだったが、有意義な時間だった。

又機会を見つけて参加したいと思う

懇親会の軽食
軽食をつまみながらの情報交換はとても楽しい時間だった。

関係サイト
磯谷商店IT事業部
株式会社RYOUS
はっぴぃ・りなっくす
eZ Publish
TYPO3

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (28815)