茶綿とシルクのMIX糸でカーディガン

茶綿の紡ぎ糸で

10年程前に柿渋染めしたシルクレーヨン素材のショール。
そのままでは、なかなか使う機会がなかったので、待望の綿用カーダーを早速使って紡いだコットンシルク(茶綿1:シルク1)の糸でネット編みを施し、着易いカーディガンにリメイク。
柿渋染めの布の色と光沢、感触を合わせるためである。
茶綿だけでは色が濃すぎ、少し違和感がありましたが、シルクをMIXすることで、色も光沢も感触も全く違和感が無くなったように思います。
袖の部分が柿渋染めのショールです。

襟元は自由にアレンジ可

今流行の、マーガレットより丈を長くすることで、ちょっと落ち着いた雰囲気で楽しめるようにしてみました。

カーディガンの全景
設計図
茶綿とシルクのMIX

サマーヤーンのカーディガン(コットン・シルク・ウール混)

コットン・シルク・ウール混のサマーセーター

春になると、軽やかな気分になれる桜色の薄手のセーターが欲しいとずっと思っていました。早咲きでちょっと濃いめの河津桜をイメージしてみました。
綿、絹、原毛を1:1:1の割合でブレンド。
綿は、種を蒔き収穫したものを使用。ピンクは染色原毛を使用。この2種のみをMIXしたら明るい色調になってしまったので、少しトーンを落とし、光沢をやや持たせるため、インドシルクと綿を手で丁寧にMIXしてベースを準備。そこに原毛のピンクをアトランダムにブレンド。
裾から編み始め、別に編んでおいた両袖と途中で合体し、襟元まで編みます。
ハギ目がないので、肩が凝らずとっても楽です。
サマーヤーンにしたかったので、空気を追い出しながらセミウーステッドに紡ぎました。
使用糸量:153g(4番手)
編み道具:13号輪針 4号鈎針
編み方:ガーター編み(裏編みで)
これからの季節、冷房が効いているところでは、羽織るものがかかせません。
薄くて軽くてしわにならず小さくバックに収納できるものに仕上げることができました。

河津桜をイメージして
着ているの忘れそうなくらい軽くしあがりました
サンプル編みと糸

 

ショールのリメイク カーディガン

手編みショールのリメイク カーディガン

御依頼主のお母様が、昔手編みしたショール(150cm×43cm)を、ほどいて何かにできないか?というご相談を受けました。
フェルト化していたため、解いてのリメイクは不可。裏編み側を表地にしたかったのですが、糸のつなぎ目の処理後が目立つことから、表編みの側をそのまま表地として生かすことに決定。
両端の房をはずし、両袖になる長さをすくい閉じ。
閉じ合わせなかったところから、かぎ針でネット編みの目を立ち上げ、襟、身頃になる部分を編み足しました。
ネット編みのため、フリーサイイズで、SからLLサイズまで対応可。
襟は、幅広のままでも、細めのへちまえりにもアレンジ可。
今流行の着丈の短いボレロ風のマーガレットと違い、ゆったり体を包んでくれるので、幅広い年齢層の方にも着心地の良いデザインになったのではないかと思っています。

斜め前から
バックスタイル
自由に襟元をアレンジ

フェルトワークで、編地と同じ糸と原毛を使って止め具をひとつ付けてみました。
ウエスト部分でも、襟元でもこれひとつで着方を自由にアレンジ。前を開けたい時は、この止め具をブローチとしてもお使い頂けます。

「どうやって着るの?」との質問しきりでした

長方形の部分が、お預かりしたショールです。サイズは150cm×43cm。
ネット部分が編み足した部分です。
この状態でお見せすると、皆さん「え?何これ?」「カーディガン」と答えると「?」
「どうやって着るの?」その反応が楽しかったで~す!
編み進むにつれ、少しずつ増し目をして、体に添いやすいようなラインに仕上げています。増し目をしないと、身頃から襟につながり折り返すラインが綺麗になりません。
綺麗な円形に編み進めるように増し目をすることがポイントです。
ネット編みは、4号かぎ針を使用。太目の針を使うと編み目に締りがなく綺麗に仕上がりません。

細めのへちま襟にも

 

モヘアーのカーディガン ガーター編み

肩はぎなしで174gと軽量で暖か

 

縦横伸縮自在のフリーサイズ
縦横伸縮自在のフリーサイズ

 

少し斜めから

使用糸量:3.9番手の黒モヘア174g
使用編み具:13号輪針
編み方:ガーター編み
普通ガーター編みは表裏とも表編みで編みますが、前開き両端のラインを綺麗に
仕上げるため、全て裏編みをします。
毎段編み始めは編まずにすべり目、2目以降は端まで裏目で編みます。
表目で編んだガーター編みとは異なる綺麗な編み端に仕上がります。
裾から編み始め、途中で既に編んでおいた両袖と合体させ、そのまま襟元まで減
らし目をしながら襟元まで編みます。
肩、脇ともにハギ目がないので、つれることもなく、着ていることを忘れそうで
す。
細めの糸を使うことで、袖も、袖の長さに合わせて折り返しても分厚くなり
ません。ガーター編みなので、縦横伸縮自在。袖の長さも伸縮自在。
とっても便利なアイテムです。SサイズからLLサイズの体系までOKです。

襟元をアップで

襟元は、左右対称の開きではなく、ちょっと変形させてみました。
モヘアの細い糸なので、襟元の補強のため鈎針で細編みを施しました。
ボタンの裏側には、編地にボタンの縫い止め負担がかからないように、ボタンと同じ大きさに円形にかぎ針編みした円形地を当てて補強してあります。

ウエスト位置にもボタンをひとつ付けて

ボタンを外して着ても、着方は自由ですが、このボタンをすることで、ウエストラインが引き締まって見えます。春風にあおられても、このボタンひとつで乱れがなく安心。

今回のご注文依頼主は、長身で手足が長く、ゆったりした着こなしをなさる方で、黒を主としたモノトーンカラーしか身に着けないお洒落でセンス抜群の着こなしをなさる素敵なキャリアウーマンです。私自身、太目の糸で編み2枚ほどこのデザインのセーターを着ておりますが、軽くて暖かで着易いので、他のセーターを着なくなってしまいました。とっても楽です。
私は通常Mサイズを着用しますが、その私が着ても、セーターのラインが崩れることはないデザインです。ちなみに、このセーターはLからLLサイズ対応に仕上げています。
他のデザインのセーターではこのようなわけにはいきません。
ちょっとお洒落で高級感のある仕上がりになり、ご依頼主の「シンプルで楽に着られるもの」のご希望にもお応えすることができたのではないかと自負しております。