コリー犬毛100パーセントの手紡ぎ糸でベスト+小物

コリー犬毛100パーセントの手紡ぎ糸で

愛犬の温もりを身にまとい、その思い出を身近に感じられたらというご希望から、ベスト・帽子・リストウォーマー・マフラー等、様々なアイテムにしてみました。
コリー犬は、毛足が長く、オーバーコートとアンダーコートの二重の被毛です。
白・茶・グレー・ベージュの犬毛を混ざり過ぎず点在させながら、コーディネイトし易いような糸を目指しました。
フェルト化が進んでいたので、一部その良さを生かしたのが、ちょっとごつっとした出方の白の部分です。
襟はへちま襟ですが、立てても使えます。
手紡ぎ糸の番手:2.049番手
使用糸量:241g
編み針:10号棒針
編み方:1段目は、表編み、裏編みを交互に。2段目は表から見ると表編みのみ(裏編みで戻ってくることになる)これをリピート。
編みあがり後、湯通しすると編地が横伸びするので、必ずゲージを取り、湯通し前と後のサイズを測りその比率を記録、計算して編み目の数を決定することが大切です。
以前、この模様編みで夫のセーターを編み、仕上げに湯通ししたら、MサイズのはずがLLサイズになってしまい、本当に涙が流れてきたことがあります。結局解いて計算しなおし編み直しました。
その貴重な経験以降、見本の試作は時間がかかっても丁寧で慎重にすることが、何よりも大切であり近道と肝に命じています。

襟にオプションをプラス

毛質上、紡ぐとモヘアの様な起毛となるため、その起毛を抑るため紡ぎかたを変えて薄手のマフラーをつけました。ベストのボタンは全て形が異なります。
通常は、ボタン無しで前開きのままラフに羽織るように作っておりますが、今回は、寒さが厳しい時に便利なようにボタン付きに。(4個とも異なる形です)

濃茶の薄手マフラー

濃茶の部分は毛足は短かったのですが細くふわふわだったので、セミウーステッド(空気を追い出しながら糸のふくらみを押さえ、起毛も押さえるため)に紡いでみました。
使用糸量:30g
色の異なる犬毛を丸・三角・四角のフェルトにしてブローチでアクセントを

犬毛ホルダー

思い出一杯の愛犬たちのふわふわ感触を残しておきたいなぁと思い、こんな形にしてみました。犬毛糸で編んだ犬毛ホルダーで、そのままの感触を包み込んで。

犬毛ホルダー
お守り

ポケットやバックに入れて持ち歩けるように、お守り袋を。犬毛糸で織りボタンは犬毛をフェルト化。その中に大切な犬毛を入れます。

紡ぎ方の異なる二つの帽子に

左側はスラブ糸に。右側は、それよりも起毛を抑えるためにセミウーステッドに。
表情が違うのをお分かりいただけるでしょうか?
ガーター編みでフリーサイズ。

リストウォーマー2種

リストウォーマーも、あまり起毛していないほうが使い易いので、セミウーステッドの糸に。手首、足首両方に使えます。保温性があり、寒い冬は家の中でも簡単に着脱できて便利なアイテムです。

携帯ストラップとブローチ

携帯ストラップは、いつでも身に着けられるアイテムとして。
ブローチは、遊び心でベストやマフラーに、その他コートや帽子にも使っていただけます。

 

ハンドミックスの手紡ぎ糸で手編みのセーター

ハンドミックスならではの表情に

手紡ぎの良さ、楽しさの究極を体感してみたいと思い、カーダーを一切使わず、ひたすらハンドミックス。紡ぐ前の準備に最も時間をかけた糸になりました。
様々な糸見本とスゥオッチ試作。同じ糸でも、編み針の号数が違うと、まるで風合いの異なるものになってしまうので、この工程に最も神経と注意と時間を費やすことになります。
同じ色の配分でも、混ぜすぎると全体に混ざり過ぎて、平凡な表情の糸になってしまいます。手間を惜しまず、時間をかけ丁寧に作業することで楽しげで個性的な表情の糸になってくれます。
白は、チェビオットのフェルト化した部分を生かしてみました。

ハンドミックス後、ロールに
糸見本と編みスゥオッチ
アップで
手紡ぎ糸
へちま襟

この形の襟は、同じような形でも、襟幅・襟下がりの長さのバランスにより、かなり着易さや見た目が異なってきます。
たまたま、バランスの良いこの襟と同じデザインの綿セーターを着て遊びに来ていたので、その襟サイズを参考にさせて頂きました。
襟を立てると、また違った雰囲気になります。

使用原毛:メリノ・コリデール・チェビオット
紡いだ糸の番手:1.419番手
使用糸量:600g
編み:10号棒針使用(襟は6、7、8号棒針使用)

 

 

ドライブ編み+鹿の子編みのマフラー

ドライブ編み+鹿の子編みのマフラー

ドライブ編みと一目鹿の子編みを組み合わせたマフラーです。カーダーでMIXすると色が混ざり過ぎてしまうため、手でMIX。表情豊かな糸になりました。
房はフェルト化させ、マフラーの長さを短めにして、胸元に下がる房を強調してみました。

フェルトワークの房

手紡ぎ糸を芯にして、原毛で包み、1本ずつ丁寧にフェルト化。

使い方いろいろ
少し幅広に