しじら織りの和風チュニックブラウス

しじら織りの和風チュニックブラウス

久しぶりに再会した友人のお母様からリクエストを頂き、しじら織りの反物から、春夏用のチュニックブラウスを作ってみました。
制作に当ってのご要望は、腕の浮き出た血管が見えないように長袖、首のしわが目立たないようにの2点。袖は折り返しを付け、長さ調整し易くし、襟元は少し立ち上げ気味にしました。
しじら織りは凹凸があり、肌に付かずさらりとしていて着心地よく涼しげです。
裾は、両脇に10㎝ほどのスリットを入れ、脱ぎ着を楽に。

ちょっと立ち上げた襟元
折り返しを付けて袖の長さ調整を
凹凸のある布地がしじら織りの特徴
ベスト

薄手の長袖Tシャツに重ね着できるよう、ベストに。
長袖チュニックブラウスは、縦縞ですが、こちらは、横縞にしてみました。

我が家の無農薬野菜

我が家の無農薬野菜
我が家の無農薬野菜

我が家の収穫物です。
以前は田んぼと広い畑を借りていて、夏は草取りと収穫に追われていましたが、今は、諸事情により、田んぼはお返しし、畑もブルーベリー畑のみ残してお返ししました。
現在は、庭の片隅のミニミニミニ菜園。その日に食べる分だけ収穫。
それでも、取り立ての無農薬野菜は体にも心にも安心で優しい栄養が沢山。
茄子、いんげん、つわぶき、しし唐、ミニトマト、大葉、ミックスレタス。
ミニトマトといんげんは、今年初めての収穫。トマトは完熟してから収穫するので味が濃くて甘いです。
ミックスレタスは、とっても便利。根ごと取らずに、食べる分だけ摘み取ると、次から次へと新芽が出てきます。いんげんは、つる無し。つる無しの方が柔らかくて美味しい。
しし唐はなりだすと、秋口まで沢山収穫でき、適度な辛味は、食欲の落ちやすい夏には重宝します。大葉は、冷たい麺類には欠かせない薬味。無農薬なので、虫さん達が沢山食べに来ています。明日葉の葉はあっという間になくなっていました。

収穫物で今夜のおかず
収穫物で今夜のおかず

つわぶきの煮物と、しし唐・茄子・豆腐の柚子味噌炒め。