サマーヤーンのカーディガン(コットン・シルク・ウール混)

コットン・シルク・ウール混のサマーセーター

春になると、軽やかな気分になれる桜色の薄手のセーターが欲しいとずっと思っていました。早咲きでちょっと濃いめの河津桜をイメージしてみました。
綿、絹、原毛を1:1:1の割合でブレンド。
綿は、種を蒔き収穫したものを使用。ピンクは染色原毛を使用。この2種のみをMIXしたら明るい色調になってしまったので、少しトーンを落とし、光沢をやや持たせるため、インドシルクと綿を手で丁寧にMIXしてベースを準備。そこに原毛のピンクをアトランダムにブレンド。
裾から編み始め、別に編んでおいた両袖と途中で合体し、襟元まで編みます。
ハギ目がないので、肩が凝らずとっても楽です。
サマーヤーンにしたかったので、空気を追い出しながらセミウーステッドに紡ぎました。
使用糸量:153g(4番手)
編み道具:13号輪針 4号鈎針
編み方:ガーター編み(裏編みで)
これからの季節、冷房が効いているところでは、羽織るものがかかせません。
薄くて軽くてしわにならず小さくバックに収納できるものに仕上げることができました。

河津桜をイメージして
着ているの忘れそうなくらい軽くしあがりました
サンプル編みと糸

 

ゆかたをリメイクしてブラウスにしてみました

ゆかたからブラウスへ

ちょっと素敵なゆかた地だったので、タンスのこやしにしておくのはもったいないと思い、思い切ってブラウスにしてみました。
なかなか素敵な柄で、気に入っています。
8月の館山の花火大会には、これを着て見に行こうと思います。枝豆とビールが一層美味しく感じられるに違いありません。
仕上がり寸法:着丈66cm 左袖口からヨークを通り右袖口まで116cm
こちらも、自由に襟のアレンジができるよう、襟の着け位置を中央開きではなく、少しななめ方向にしてみました。

襟の開き口を少し斜めにずらして
無造作なこのアレンジが気に入ってます
生地をアップで

 

襟を立てて
しまう時は和服の様にたたんで

 

 

 

羽織をリメイクしてブラウスにしてみました

シルクの羽織からブラウスへ

母の羽織をブラウスにリメイクしてみました。
和服のイメージを残したかったので、あえて直線ラインに。
袖とヨークは繋がっています。和服の身幅を半分に折って袖幅にしてあります。
その下に、身幅+半身幅。
仕上がり寸法:着丈66cm 右袖口からヨークを通って左袖口まで116cm
襟は着物の襟をイメージし、直線に。
袖は見返しを多めにつけて、折り返して丈を調節できます。
裾裏も、風になびいて翻った時に見苦しくないように、たっぷりと見返しをつけました。

直線ラインの棒タイ風襟
アレンジ自由な襟に

襟は和服のイメージを残したかったので、直線ラインを生かし、短めの棒タイ風にしてみました。タイを見ごろの内側に入れたり、外側に出してブローチやタイピンで止めたりと自由にアレンジできます。

袖口のスリットとボタン
生地をアップで

強撚糸で織りに凹凸があります。
真夏を除いて、スリーシーズン着られそう。
シルクなので、冬は、セーターの上に羽織れば保温性抜群。

着物の様にたたんで引き出しにしまいます

桜を連想させる優しげな色合いで、春のおとずれが待ち遠しくなりそうなブラウスに変身しました。シルクの光沢も、ちょっと気持ちを高揚させてくれます。
長い間タンスにしまい込んであり、羽織の片袖にしみができていため、思い切ってリメイク。しみができていたからこそ思い切って高価なシルクの和服にはさみを入れることができたというわけです。