久しぶりの機織り

 

経糸張りが終わったところ
経糸張りが終わったところ

今日は、久しぶりの機掛け。
いろいろな種類の羊さん達の、自然の色を生かしてベストを仕立ててみたいと思っています。
織り機は東京手織りの天秤式65cm幅を使用。織り機を購入する時、いろいろなメーカーのものを調査。狭い空間でも、長い経糸をひとりでスムーズに張ることができる優れものが東京手織りの機だったのです。

荒筬を機にセットできるのが特徴
荒筬を機にセットできるのが特徴

経糸が乱れることなく、簡単に一人で張れるのが特徴。荒筬の上部はネジをゆるめるとはずれるので、幅だしがとっても簡単。

経糸の長さにくるいが生じません
経糸の長さにくるいが生じません

3.4mの経糸も、糸の乱れやトラブルもなく張ることができました。

整経済みの経糸
整経済みの経糸

セミウーステッドの双糸。2.7番手。
紡いだ量:291m/107g

緯糸用に様々な表情の糸を紡いでみた
緯糸用に様々な表情の糸を紡いでみた

仕立てた時に、毛玉になりにくいように、双糸をメインにしてみようと思います。

表情豊かな糸たち
表情豊かな糸たち
緯糸に使ってみようかな・・・
緯糸に使ってみようかな・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です